オステオパシーとはOsteopathy

Conunter Strain Technique and Cranio Sacral Therapy

オステオパシー

アメリカミズリー州の、アンドリュー・ティラー・スティル医師が1874年に作り上げた療法で、当院では、その中の頭蓋仙骨療法(Cranio Sacral Therapy)、カウンターストレインテクニック(Conunter Strain Technique)、マッスルエネルギーテクニッ ク(Muscle EnergyTechnique)を用いて施術を行います。
院名のC.S.T.とはCranio  Sacral  TherapyとCounter  Strain  Technique を略したものです。

オステオパシーも東洋医学のように血液の改善を重視し、またカイロプラクティックのように脊髄の歪みを正して人間の持つ自然治癒力を引き出すことを根幹としていますが、それに加えて脳骨髄液の循環不良をもたらす硬膜の歪みを正すことで神経の働きを、正常化させ、不定愁訴を取り除くことを重要視し特化させているという点が、他の療法との大きな違いの様です。

IMG_0177       東洋オステオパシー学院 オステオパシックセラピスト認定証

頭蓋仙骨療法(Cranio  Sacral  Therapy)

脳から脊髄までを覆っている硬膜、くも膜、軟膜の下のくも膜下腔を循環している脳脊髄液と言う液体の循環が円滑に行われずに循環不良を起こすと不定愁訴を引き起こすという考えに基づき、アメリカのジョン・E・アプレジャー博士が開発した
療法です。
硬膜の歪みは単に衝撃だけでなく筋拘縮、ストレスなどによっても引き起こされ頭蓋の縫合の動きも阻害されて、脳脊髄液の循環不良をもたらすため頭蓋仙骨療法は歪んだ硬膜を矯正して、脳脊髄液の流れも円滑にして神経の障害を取り除くことを目的としています。
施術方法は強く押したり、揉んだり、ひねったり、衝撃を与えたりといったことは一切なく、わずか5~15gの手の押圧で頭蓋骨、硬膜を矯正していきます。

img_osteopathy01.jpg

<頭蓋骨>

img_osteopathy02.jpg

〈脳脊髄液循環図〉

「頭蓋仙骨療法  10段階の手順」

1 C.S.F. のリズムのチェックと静止点誘導

img_osteopathry03.jpg

2 筋膜の可動を損なう横方向の制限の解放

img14cjc3324_1

<2ーA. 骨盤の横隔膜>

img14cje1608_1

<2ーB.  呼吸の横隔膜>

img14cje2554_1-1

<2ーC.  胸郭上口>

img14cje2759_1
img14cje3602_1

<2ーD.  舌骨(筋>

img14cje3701_1

<2ーE.   頭蓋底>

3 前頭骨

img14cje3917_1

4 頭頂骨

img14cje4221_1-1

5 蝶形後頭底

img14cje4755_1

6 側頭骨

img14cje5355_1

7 側頭骨

img14cje5459_1

8 顎関節

img14cje5745_1

9 各部位硬膜管の評価、C.S.F.(脳脊髄液)のリズムのチェック

10 CV4テクニック
 (脳脊髄液の循環リズムの調整)

img14cjc3202_1

カウンターストレインテクニック( Counter  Strain  Technique  )

椎骨矯正に一大革命をもたらした矯正法で、この矯正法の誕生以前は変化を起こしている方向から中立位(正常位置)へ圧をかけて押し戻すというのがほとんどの矯正法であったが、この矯正法は変化を起こしている椎骨をさらに誇張するような姿位をとることによって解放矯正させます。

このテクニックはローレンス・ジョーンズ 医師が理論的に開発したわけではなく、偶発的な発見で、のちに理論づけをして系統的に矯正法を体系づけたそうです。 椎骨変位を起こさせている筋肉の筋拘縮を誇張させる姿位を90秒間とることにより、その筋肉を静止長へ戻します。
それは筋紡錐という神経の固有受容器へ働きかけることによって成されます。概ねそれは、その筋肉を収縮させることによって働きかけること(カウンタ―ストレイン)が多いが、現在では拮抗筋を収縮させ問題の筋はストレインの状態の相反性神経支配の原理に基づいて行われるテクニックもあるのでこの様な名称になったようです。

マッスルエネルギーテクニック ( Muscle Energy Technique )

この療法は、人間の持っている筋肉のエネルギーを利用して筋肉の緩和を行い、その筋肉に掛かる椎骨の矯正を行うものです。
オステオパシーの矯正法である、カウンターストレインテクニックに相応するくらいの効果があり、また、自己治療にも向いているため家庭療法に取り入れることで、筋拘縮による痛みの緩和、狭まった関節可動域の改善などにも有効となります。

ご予約・お問い合わせはこちらから

※施術中は電話に出られない事がありますが、可能であれば折り返し致します。

090-6478-2028