顎関節症と歯の食いしばり、歯ぎしりは関連します。

こんにちは、C.S.T.施術院です。

 

 

しばらくぶりに書かせていただきますが、今回は「顎関節症と歯ぎしり」

について書かせていただきます。

通常は口を閉じている時に上下の歯は食いしばらないが、顎関節症の方の

大部分が口を閉じてる時に歯を食いしばってしまっているそうで、

これにより、顎関節とその筋肉に継続して負担をかけてしまい、

顎関節症につながってしまうようです。

顎関節症の数ある原因の中でも、一番のものなので、何にも先んじて

その癖を止める必要があります。

 

歯の食いしばりと歯ぎしりは、就寝時に無意識に上下の歯を

強く合わせ、左右方向にギリギリ、キリキリ動かしたり、グッと食いしばる

ことを言い、①左右に擦り合わせる、②カチカチかみ合わせる、

③音を立てずに食いしばる という3タイプになります。

就寝中の歯ぎしりは無意識にしているため、顎や歯に負担がかかっていることに

気づきにくく、歯の食いしばりは音が無いため、なお気付きにくいです。

 

歯ぎしりをする人は日本人では5~15%いて、原因は完全には

明らかにされておらず、ストレス、睡眠時無呼吸症候群、逆流性食道炎、

飲酒などが原因として挙げられ、中でもストレスによるものが多く、

ストレスを歯ぎしりすることで、解消しようとしているそうです。

また、歯ぎしりはレム睡眠時の浅い眠りのときにしてしまうため、

睡眠時無呼吸症候群、逆流性食道炎の人は深い眠りにつけないため、

歯ぎしりをしてしまいやすく、そして性格的原因として、

頑張り過ぎてしまう人、ストレス発散ができていない人、競争心の強い人、

時間に追われている人がしやすいそうです。

なかなか、難しいことではありますが、

リラックスして心穏やかに過ごすように努めましょう。

 

 

今回はここまでとさせていただきます、

ありがとうございます。

 

 

 

C.S.T.施術院

住所 〒412-0043 静岡県御殿場市新橋305-9 大宮ハイツ 102B号室
TEL 0550-84-7520
診療時間 11:00~20:00 金曜日のみ15:00から
※開始時間は都合により前後しますので、ご了承下さい。
お休み 月曜日・木曜日

当院facebookページはこちら
http://on.fb.me/1RQUf1T