不眠でお悩みの方は食べ物にも気を付けましょう!

こんにちは、C.S.T.施術院です。

 

 

体に溜まった疲労物質の除去、軽減のために充分な睡眠が必須で

あることをぜんかいのブログで書かせていただきましたが、

その睡眠を促す食べ物について書かせていただきます。

不眠でお悩みの方の一助となれば幸いです。

 

ヒトが眠気を催すのは脳から分泌されるメラトニンという

睡眠ホルモンの働きによるものであることをご存知の方も

多いかと思いますが、このメラトニン含んでいる食べ物が

あるので「寝付きを良くしたい」場合には、

これらの食べ物を摂取することが手っ取り早いのですが、

メラトニン自体を含んだ食べ物というのは、

そんなに種類が無いようです。

 

ただ、トリプトファンというアミノ酸は体内で吸収されると、

セロトニンという脳内物質に変化して、そのセロトニンが

睡眠ホルモンのメラトニンに変化するので、結果的に

眠気を催すことになります。トリプトファンは、動物性タンパク質(肉、魚)、

炭水化物、ナッツ類、牛乳、豆乳などに多く含まれるそうですが、

ただ、摂取してすぐにメラトニンに変化するわけではないので、

朝食、昼食時などの比較的早い時間帯に摂取しておく必要があります。

そうすることで、その日の夜にはメラトニンに変化して、

眠気を催すようになります。

 

トリプトファンを多く含む食べ物、飲み物は「牛乳」、「バナナ」、

「大豆製品」、「はちみつ」などで、

メラトニンを含む食べ物は「スイートコーン」、「米」、「オーツ麦」

などです。

また、温かい食べ物と辛い食べ物は体温を上げる作用があるので、

一度上がった体温が下がる時落差でスムーズに眠りに入れる

ようになります。なのでこれらの食べ物を夕食時に摂ることは、

入眠作用を高めることになります。

 

こうした食べ物や飲み物を日々、しっかり抑えて

不眠に悩まされずに「脳と体の休息」である「睡眠」を確実に充分に

得られるようになりましょう。

 

 

今回はここまでとさせていただきます。

ありがとうございます。

 

 

 

 

C.S.T.施術院

住所 〒412-0043 静岡県御殿場市新橋305-9 大宮ハイツ 102B号室
TEL 0550-84-7520
診療時間 11:00~20:00 金曜日のみ15:00から
※開始時間は都合により前後しますので、ご了承下さい。
お休み 月曜日・木曜日

当院facebookページはこちら
http://on.fb.me/1RQUf1T