梨状筋の血行不良は座骨神経痛を引き起こします

ご閲覧ありがとうございます、

C.S.T.施術院です。

 

 

座骨神経痛の一因とされている、「梨状筋症候群」について述べさせて

いただきます。梨状筋とは臀部の深層にある小さな

筋肉で、そのすぐ近傍を座骨神経が走っています。

梨状筋は股関節を外旋させる筋群の一つで、

動き回る際に体幹を安定化、直立させる働きをします。

「梨状筋症候群」とは梨状筋が緊張することで、

座骨神経を刺激して引き起こされる症候です。

 

梨状筋のすぐ下を座骨神経が通っているため、

筋肉の弱化、収縮や、繰り返されるハードな運動での

使い過ぎによる拘縮(硬く縮こまること)、攣縮によって

座骨神経に負荷がかかります。

 

症状としては、臀部に鈍痛を感じ、痛みが太腿〜ふくらはぎに

及んでヒリヒリした感じやしびれを伴います。

主に、「座る、体をかがめる、階段や坂を上り下りする」

などの際に痛みが増しやすく、歩行が困難に

なることもあります。

 

運動不足であれば、「適度に運動をする、弱った筋肉を養う」、

オーバーワークであれば、「運動量を減らして休息を取って

体を休める」、デスクワークや車の運転などで長時間座りっぱなし

になることが多い人は、

「こまめに立ち上がって臀部の圧迫を避ける」、

そして「適した療法、療術を症状が緩和するまで

ある程度、継続して受けていただく」といった

充分に条件の整った対処、処置を

することで、目安としては4~8週間ほどで快方に

向かいます。

 

 

今回はここまでとなります。

ありがとうございます。

 

 

 

C.S.T.施術院

住所 〒412-0043 静岡県御殿場市新橋305-9 大宮ハイツ 102B号室
TEL 0550-84-7520
診療時間 11:00~20:00 金曜日のみ15:00から
※開始時間は都合により前後しますので、ご了承下

さい。
お休み 月曜日・木曜日

当院facebookページはこちら
http://on.fb.me/1RQUf1T