「弱った筋肉をどうにかしたい方」にうってつけのテクニック

こんにちは、C.S.T.施術院です。

 

 

今回は、これまでにブログで取り上げてきました、

カウンター・ストレイン・テクニックの他に

当院で行っている、オステオパシー療法のテクニックの一つである

マッスル・エネルギー・テクニック(M・E・T)について

述べさせていただきます。

 

M・E・Tはフレッド・L・ミッチェルというオステオパシードクターによって

開発された療法で、「施術者の指示に従って、被術者(施術を受ける方)には

筋肉に力を入れて部分的に体を動かしていただく」ことで、

人間の持っている筋肉のエネルギーを利用して固く、縮こまった筋肉の

緩和を行い、その固まった筋肉が歪めている椎骨の矯正を行います。

このM・E・Tは筋(主働筋)を

等尺性収縮させることで(被術者の方にある特定部位の筋肉、関節を、特定の方向に

動かしていただき、施術者はそれに対して力を加えて抵抗を与えている状態)

症状改善の効果を期待する方法で、

筋が収縮すると緊張が高まって腱内のゴルジ腱紡錘固有受容器に伝わります。

※等尺性収縮・・・筋肉が拘縮する生理現象のことで、筋肉の長さは

変わらないが張力が内側に働いている状態のこと。

 

それが反射抑制を生じ、結果的に過緊張になっている筋を伸張させます。

ミッチェルドクターは筋収縮後には、「筋肉緩和と一時的な伸張を感じる」と

考え、実際、M・E・T後には筋膜リリース(押す、揉む、捏ねるなどの組織をやわらげる手技)

に似通った効果が見られます。

 

 

ありがとうございます、

また次回に続けさせていただきます。

 

 

 

 

 

C.S.T.施術院

住所 〒412-0043 静岡県御殿場市新橋305-9 大宮ハイツ 102B号室
TEL 0550-84-7520
診療時間 11:00~20:00 金曜日のみ15:00から
※開始時間は都合により前後しますので、ご了承下さい。
お休み 月曜日・木曜日

当院facebookページはこちら
http://on.fb.me/1RQUf1T