筋肉の弱化に対する根本療法

こんにちは、C.S.T.施術院です。

 

 

人間の体には実に、大小合わせて約600もの筋肉があって、

骨格筋、心筋、平滑筋という3種類に分類され、

一般的に我々が筋肉と呼んでいるのは骨格筋にあたり、

文字通り、骨に付着して関節を挟んで両側の骨に付着している

そうです。骨格筋は適度に使えば、肥大して筋力が増加

するものの、使わないでいると次第に萎縮して筋力も

低下してしまいます。

 

また、骨格筋は体を動かす働きの他にも役割を担っています。

まず、体温の保持に必要な熱は、およそ3分の2が筋収縮によって

得られ(残る3分の1は肝臓、腎臓などから)、

この熱が体温を上昇させるそうです。

そして、外部からの衝撃を吸収して骨や内臓を保護するという

クッション的な役割に、骨格筋内部の血管の周辺にはエネルギー源

となるグリコーゲンが蓄えられているために栄養貯蔵の役割も担います。

 

さらには、ふくらはぎに

関して言えば筋肉が収縮と弛緩を繰り返すことで

ポンプのように静脈を圧迫して血液を上方へと押し上げる

働きもしています。このように、筋肉とは人間が健常に生きていくためには

必要不可欠な存在であるにも関わらず、

日頃より意識して使って、正しくケアしていないとみるみる弱化してしまい、

痛みや、体のだるさ、冷え、関節の可動範囲が狭まるなどの不快症状や

機能不全を引き起こします。

 

老若男女を問わず、筋肉を弱化、劣化させてしまっている方の多いことから、

当院では、その改善のために、これまたオステオパシーのテクニックである

マッスル・エネルギー・テクニックというものを施術に

取り入れていますので、それについて

また次回に述べさせていただきたいと思います。

 

 

 

 

C.S.T.施術院

住所 〒412-0043 静岡県御殿場市新橋305-9 大宮ハイツ 102B号室
TEL 0550-84-7520
診療時間 11:00~20:00 金曜日のみ15:00から
※開始時間は都合により前後しますので、ご了承下さい。
お休み 月曜日・木曜日

当院facebookページはこちら
http://on.fb.me/1RQUf1T