悪天候と体調不良の関係

こんにちは、C.S.T.施術院 勝又竜司です。

 

 

前回までのブログで書かせていただいてました、

「筋肉痛について」のブログをちょっと休ませていただきまして、

今回は、「悪天候と体調不良」の関係について書かせて

いただきます。

 

先月の2月から今月にかけての、

悪天候の後に

「偏頭痛が続いている」、

「力仕事や激しい運動をしたわけでもないのに、腰が局所的に痛み出した」

「昔、肉離れを起こした箇所が痛み出した」

といった症状をうったえる方が

見ているのです。

 

これにつきましては、割と、様々な媒体で取り上げられているものの、

ご存じない方や、知ってはいても、

いざご自身がその境遇に置かれてみると、冷静に

認識することができなくなってしまう方も多いようなので、

書かせていただきます。

 

まず、「天気が悪い=低気圧」ということです。

普段、我々の体には、1㎠あたり1kgの空気がのしかかっていて

程よく圧迫されている状態で、これにより適度な

血流、血液循環、血圧が生み出されるそうですが、

低気圧になってしまうと、

体に対する空気による圧迫が弱まり、圧迫が弱まることで

血管が膨張してしまい、血圧が下がってしまうそうです。

血圧が下がるということは、血流、血液循環が貧弱になって

体内への酸素も供給され辛くなってしまうということになります。

 

頭痛、偏頭痛というのは脳に酸素が充分に供給されていない状態です。

脳に酸素が供給され辛い状態というのは、首が固まって(凝って)いる

状態で、首が固まっていれば頚椎(首の骨)もずれてきます。

頚椎がずれると、頚椎から離れた背部、腰部の背椎もずれてきます。

加えて、空気による圧迫が減少して血管が膨張したことで、

周囲の神経は圧迫されて、痛みを感じるようになります。

 

なんだか、人間の体とは負の連鎖反応によって、

たちまち不快な状況に陥ってしまうようで、

思いやられてしまいそうですが、

少々、努力は必要ですが快適に過ごす方法は

ちゃんとありますので、

どうか悲観なさらないでいただきたいと思います。

 

また、続けさせていただきます。

ありがとうございます。

 

 

C.S.T.施術院

住所 〒412-0043 静岡県御殿場市新橋305-9 大宮ハイツ 102B号室
TEL 0550-84-7520
診療時間 11:00~20:00 金曜日のみ15:00から
※開始時間は都合により前後しますので、ご了承下さい。
お休み 月曜日・木曜日

当院facebookページはこちら
http://on.fb.me/1RQUf1T