胃の不調、背中、肩甲骨内側の痛みに対する施術

こんにちは、C.S.T.施術院 勝又です。

ご閲覧ありがとうございます。

 

 

前回のブログの続きを述べさせていただきます。

上背部の背椎の歪みがもたらす、背中、肩甲骨内側の痛みの症状に

対する矯正法についてですが、

被術者の方に片方の腕を、耳に密着するくらい挙げていただき、

もう片方の腕は体側に付けるように施術ベッドに乗せた状態で、

施術者は、その、ベッドに乗せている腕側の肩を持ち上げて、

さらに後方に(被術者の下半身の方向に)引き下げます。

そして、その状態で一定の時間が立ちましたら、施術者は

持ち上げている肩を下ろして、元のうつ伏せの状態に戻します。

 

これで左右の背中のうちの、硬直の強い方が矯正されているため、

筋肉や内臓組織の硬直がさほどでもなければ、

この一回で歪みが矯正されて、あわよくば痛みも消えてしまいます。

歪みも痛みもある程度は、この背中の片側を矯正することで軽減することが

多いですが、痛みあるいは歪みが残るようなら今度は、もう片側の背中を

矯正します。

やり方は、被術者の方に挙げていただく腕と、体側に付けてベッドに置いて

いただく腕を替えるだけで、あとは同じように施術者が被術者の肩を

持ち上げて後方に引き下げた状態を保持します。

 

多くの場合は、この背中の左右の矯正を1回ずつ行うことで、歪みも痛みも

快調するのですが、やはり、一筋縄ではいかない重症な方もいらっしゃるので、

左右を1回ずつ矯正して、なおも背椎の彎曲、捻れ、痛みが残るようなら

もう1回、硬直の強い法を矯正して、それで治ればそこで終わりますが、

それでも不十分であれば、もう片側も再度、矯正します。

重症な方ですと、どうしても快調するのに時間を要してしまい、

1回の施術では足りず、複数回受けていただく必要あります。

 

また長い年月、硬直してしまっていた箇所というのは

大量の老廃物や毒素が凝集しているため、

1度に緩めすぎてしまうと、好転反応が強烈に顕れる恐れが

あるので、矯正をかけるのは2回ずつまでとさせていただいています。

前回、申し上げましたように背中、肩甲骨の内側の痛みは

胃の不調に起因することが多いので、根本改善のためにも

当院では足の反射療法を施術の中に取り入れております。

 

 

今回はここまでとさせていただきます。

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

C.S.T.施術院

住所 〒412-0043 静岡県御殿場市新橋305-9 大宮ハイツ 102B号室
TEL 0550-84-7520
診療時間 11:00~20:00 金曜日のみ15:00から
※開始時間は都合により前後しますので、ご了承下さい。
お休み 月曜日・木曜日

当院facebookページはこちら
http://on.fb.me/1RQUf1T