背中、肩甲骨内側の痛みの原因は、胃の不調かも知れません。

ご閲覧ありがとうございます、C.S.T.施術院 勝又です。

 

 

 

背中の張り感、こわばり感をうったえられる方は割とよくいらっしゃいますが、

時には背中、あるいは肩甲骨の内側が痛いと言われる方もいらっしゃいます。

このような場合、だいたい決まって背椎骨が捻れていたり、彎曲して

たりします。首を動かしたり、腕を挙げたりしても痛いので、

「寝違えかな?」とも思ってしまいます。

 

肝臓、胆嚢、心臓の不調で起きることもあるので、

必ずというわけではありませんが、

これには胃痛、胃もたれ、胃酸過多、逆流性食道炎、胃潰瘍、口角炎といった

胃の不調と関連する確率が高いので、ただ単に筋肉、筋膜を揉みほぐしたところ

で、捻れや彎曲は解消しません。

そこでここでもオステオパシーの矯正法である、

カウンター・ストレイン・テクニックが功を奏すわけですが、

その大まかな方法を今回は説明させていただきます。

 

被術者の方(お客さん)には、うつ伏せで寝ていただいた状態で、

背中の背椎骨の歪みを引き起こしている組織のうち、

硬直が強い側の腕を(左側の方が硬直が強ければ左腕を)

上腕部が耳に密着するくらい挙げてもらいます。

もう片方の腕は体側に沿って、施術ベッドに乗せてもらいます。

施術者はその、もう片方の腕側の肩を持ち上げて、

なおかつ、被術者の下半身のほうへと引き下げます。

 

そして一定時間、その状態を保持します。

カウンター・ストレイン・テクニックは力んでしまっては

効力を発揮しませんので、被術者の方には完全に脱力して、

とにかくぐったりとしていただくだけです。

 

この続きはまた後日にさせていただきます。

ありがとうございます。

 

 

 

 

C.S.T.施術院

住所 〒412-0043 静岡県御殿場市新橋305-9 大宮ハイツ 102B号室
TEL 0550-84-7520
診療時間 11:00~20:00 金曜日のみ15:00から
※開始時間は都合により前後しますので、ご了承下さい。
お休み 月曜日・木曜日

当院facebookページはこちら
http://on.fb.me/1RQUf1T