C.S.T.施術院で行っているオステオパシーの骨盤矯正法

こんにちはC.S.T.施術院 勝又竜司です。

 

 

 

前回のブログで「座骨神経痛を引き起こしやすい骨盤に対する

矯正法」について説明させていただきました。

今回は、その矯正法にわずかに変化が加わった2つのバリエーション

(どちらも座骨神経痛に対応したものです)について

説明させていただきます。

 

まず1つ目ですが、被術者の方(お客さん)には同様にうつ伏せで寝て

いただきます。そして施術者は歪んでいる側の脚を一定の角度まで持ち上げます。

ここまでは前回説明の矯正法と同じなのですが、1つ目のバリエーションは

その持ち上げた脚を一定の角度、股関節を広げるように外側に開きます(外転させます)。

オステオパシーの矯正法、カウンター・ストレイン・テクニックの真髄とも言える、

「固まった筋肉を緩めるように働きかける、中枢神経からの伝令」を待つために

一定の時間、施術者はその状態を崩さない様、被術者の脚を

保持します。

一定時間が経過したら、施術者は被術者の脚を下して、10秒ほど待って、

それで終了となります。前回説明の骨盤矯正法と異なる点は、

被術者の脚を外側に開くというところで、あとは同じです。

 

そして、2つ目の方法としては、やはり被術者の方にはうつ伏せで

寝ていただいた状態で、歪んでいる側の脚を施術者が一定の角度まで

持ち上げます。今度はその脚を一定の角度、股関節を狭めるように

内側に閉じさせます。(内転させます)

その状態をまた一定の時間、保持して、一定時間が経過したら

被術者の脚を下ろし、10秒ほどおいて終了となります。

これも異なる点は、被術者の脚を内側に閉じさせるというところ

だけで、この2つのバリエーションは骨盤の歪み方に応じて、

使い分けるものです。

 

いずれも極々、簡素な印象ではありますが、ここ直近の3回のブログで

述べてきました矯正法と同じく、頸部の筋組織をもやわらげる作用が

あるため、頸椎(首の椎骨)のカウンター・ストレイン・テクニックほどでは

ないものの、歪んでいる頚椎を矯正させてそれに起因する頭部・頸部の

不快症状の緩和・解消も期待できます。

基本的には座骨神経痛、腰痛、臀部痛、踵の痛みなどに、適していますがそのほかにも、「左右の脚の長さの不揃い感」やそれに起因した「片側の腰の痛み、疲労感」、

「片側の膝裏~ふくらはぎの痛み、疲労」、「便秘・下痢」、

「頻尿、夜尿症」、「トイレ回数が少ない」など

そして、稀ではありますが「体の半身が痛い、辛い」という症状にも

うってつけです。

 

最近では骨盤内の血行不良からの、数名のひどい頻尿の方々にこの矯正法を

( 他の施術、矯正法と合わせて )数回施したところ、

「トイレに行く回数が減ってきた」とのお言葉を

いただいており、筋肉と同時に内臓へも血流増進させて

自然治癒力高める点がカウンター・ストレイン・テクニックの

特筆すべきところです。

 

オステオパシーとはどういったものかピンと来ないという方に

大まかな雰囲気を掴んでいただきたくための、

あくまで、簡略化しての説明ですので、

椎骨や骨盤がどういった歪み方を

しているのかを確認した上で、これらの矯正法を使い分ける

必要があるので、これを読んだだけでみだりに試してしまう

ことは痛みや不快症状の悪化につながりかねません。

どうか、それはなさらない様、お願い致します。

 

ご閲覧ありがとうございます。

 

 

 

C.S.T.施術院

住所 〒412-0043 静岡県御殿場市新橋305-9 大宮ハイツ 102B号室
TEL 0550-84-7520
診療時間 11:00~20:00 金曜日のみ15:00から
※開始時間は都合により前後しますので、ご了承下さい。
お休み 月曜日・木曜日

当院facebookページはこちら
http://on.fb.me/1RQUf1T