喫煙(たばこを吸うこと)がもたらす整体施術への影響~原因と対策~

こんにちは、C.S.T.施術院 勝又竜司です。

 

 

喫煙本数が多い方は、悪玉コレステロールがより悪質なものに変質して、なおかつ、

善玉コレステロールを減少させてしまうため動脈硬化が全身にわたって促進
されてしまいますが、とくに首、肩、胸、背中に顕著に顕れます。
これは、たばこの煙を吸い込んだ肺、気管、気管支といった呼吸器に
動脈硬化と酸化による細胞破壊が著しく進行してしまったため、
その呼吸器に隣接していて近い、首、肩、胸、背中の組織に、強い硬化が
引き起こされたことによると思われます。

 

その硬化してしまった組織により、仮に肩部の脊椎に大きく歪められてしまうと
(例として)手の痺れ、握力低下(手に力が入り辛い)、手の平のこわばり(指の曲げ伸ばしがし辛い)、バネ指、肘の痛み、咳、首の可動時の痛み、四十肩・五十肩などが
出てきますが、喫煙本数の多い方は、喫煙しない方に比べると施術や矯正の効きが
悪いです。

 

喫煙されない方は1度の施術で、症状が解消してしまうところを、
1日に1箱以上喫煙される方ですと複数回かかってしまうケースが多く(一慨には言えないですが)、
仮に1度で症状が解消しても、喫煙されない方に比べて持続期間が短く、
ぶり返しが早いことが多いです・・・。
お客さんの立場に立って考えさせていただきますと、
症状の早期回復、整体施術にかかる経済的負担のこと
などを考えても「禁煙」あるいは「喫煙の本数を減らして」いただくことが
望ましいのですが、たとえ、ご自身の首、肩、背中が固まってしまって、
また症状がぶり返してしまうことになっても、
たばこのもたらす精神的慰安を選んでしまう方が多いようです。

 

「たばこをやめて頂く、本数を減らしていただく」ことに越したことは
ないのですが、それがどうしてもできないという方は、
「有酸素運動」、「食事療法」、「適量なお酒」、「パワースポットに行く」
などといった別の方法で、症状の悪化を食い止め、回復増進に努めてみましょう。
始めは億劫かも知れないですが、ご自身の体が徐々に快調してくれば、
義務感を感じるようになり、健康を生み出す日々の日課になることと思います。

 

 

 

 

C.S.T.施術院

住所 〒412-0043 静岡県御殿場市新橋305-9 大宮ハイツ 102B号室
TEL 0550-84-7520
診療時間 11:00~20:00 金曜日のみ15:00から
※開始時間は都合により前後しますので、ご了承下さい。
お休み 月曜日・木曜日

当院facebookページはこちら
http://on.fb.me/1RQUf1T