オステオパシーの矯正法・・・「首の上部の凝り感、痛み」編〜その④

ブログのご閲覧、ありがとうございます、
C.S.T.施術院 勝又竜司です。

 

 

 

「首の上部の凝り感、痛み」に関わる頚椎(首の椎骨)のうち、上部の4つの
頚椎の矯正法について述べてきまして、残るは一番上の頚椎ですが、
これにつきましては、これまでに述べてきました他の3つの
頚椎の矯正法と比べて、いささか簡便な様相を呈しているため、
割愛させていただきます。ただ、他の頚椎の矯正のようにお客さんご自身には
一定時間の間、ただ、ひたすら仰向けでリラックスしていていただくことに
変わりはないのでご安心下さい。

 

この一番上の頚椎の矯正することで、「首の上部の凝り感、痛み」に対する矯正は完了
となります。オステオパシーの矯正法に関するこれまでのブログを読んで下さった方
の中には気付かれた方もいらっしゃるかも知れないですが、
カイロプラクティックの矯正法のような衝撃がない反面、
オステオパシーの矯正法は、ある程度の時間を要します。
上部の4つの頚椎の各左右ずつを全て矯正するとなると、15分近くかかってきます。
なので、よほど筋組織の硬直がすさまじく、頚椎の歪みが矯正されない方でないかぎり、
15分近くかけて4つの頚椎の左右すべてを矯正することありません。
多くの場合、4つの頚椎のうち、とくに歪みの強い番数と、その番数の頚椎に掛かっている
筋肉の硬直の強い側を矯正することで、歪みは緩和、解消してきます。

例として (1番目と2番目の左右と3番目の右側)

といった具合に、とりわけ硬直と歪みの強い箇所に絞っての矯正で済むことがほとんどです。

 

頚椎1番の歪みが引き起こす症状は2~4番とほとんど同じですが、頚椎2番と同様に
腰痛、膝痛、股関節痛、踵の痛みなどにも関わってきまして、しかも
せっかく矯正して歪みが緩和・解消してもその状態を持続させることが難しく、
よほど整体の心得のある方でもない限り、1か月間、維持させるのは至難の業です。
ですから、矯正により痛みや不快症状が快調したからといって
安心しきってしまうのではなく、体のコンディション維持のためには、ある程度、定期的に施術を受けられることが本来は望ましいです。

 

そしてご来院いただいた際には、歪みを再発を抑える生活習慣を説明させて
いただいてますので、不快症状を長く抑える心得を、是非とも、
お客さんご自身に身につけていただき、人生を長く、楽しく、健やかに
謳歌できるようになっていって下さい。

「首の上部の凝り感、痛み(頚椎1番~4番)」についてのブログは以上になります。
ありがとうございます。

 

 

 

C.S.T.施術院

住所 〒412-0043 静岡県御殿場市新橋305-9 大宮ハイツ 102B号室
TEL 0550-84-7520
診療時間 11:00~20:00 金曜日のみ15:00から
※開始時間は都合により前後しますので、ご了承下さい。
お休み 月曜日・木曜日

当院facebookページはこちら
http://on.fb.me/1RQUf1T