オステオパシーの矯正法~「首の上部(首と頭の付け根)の凝り感、痛み」編・・・その③

こんにちは、C.S.T.施術院 勝又竜司です。

 

 

 

7つある頚椎(首の椎骨)のうち、「首の上部の凝り感、痛み」に関わる上部の4つの
頚椎の中の上から2番目の矯正法について、概要を説明させていただきます。
仰向けで寝た状態のお客さんの頭部を施術者(僕)が保持して、
施術ベッドから垂らして、後ろへと大きく反らせます。
頭部を大きく後ろへと反らせるので、首の前側がストレッチされる格好です。
2番目の頚椎の右左の筋肉のうち、どちらのほうが硬直が強いかに応じて、
その状態から、本当にわずかに頭部を左もしくは右に傾げて、施術者の手の平で
お客さんの頭頂部に軽く、本当にわずかな圧迫を加えます。

 

ベッドから頭を垂らして、後ろに思い切り反らせて、かすかに首を傾げたその状態を
一定時間キープします。おそらくお客さんご自身が、これまで1度もとられたことが
ないような体勢と思いますが、カウンター・ストレイン・テクニックすべてに
共通しているように、一切の力を抜いていただき、寝てしまう様にぐったりと
一定時間が過ぎるのを待っていただくだけです。

 

一定時間が経過したら、施術者がお客さんの頭部を元の位置に戻して、2番目の頚椎に
掛かる筋肉の緩み具合を見て、必要に応じて逆側の矯正も行います。

2番目の頚椎の歪みは、「凝り感、痛み」のほか、「頭痛、めまい、耳鳴り、不眠、鼻水、鼻詰まり、
物忘れ、顎関節症、目の充血、聴覚障害、神経衰弱など(まだまだ他にもありますが)」に直接的に
関わり、「腰痛、膝痛、股関節痛、坐骨神経痛、踵の痛み」などの頭部~首から離れた部位の
症状にも間接的に関わっており、頚椎の1番目と並んで、多くの症状に絡んでいるので、
とくに重要な施術ポイントと言えるかと思います。

 

2番目の頚椎がさまざまな症状の「隠れた犯人」となっていることが、
これまでかなりの高確率で見られたので、症状が再発しやすそうな方には、
当院では頭部~首の症状以外でも「根本・原因療法」として2番目の頚椎を施術するように心がけております。

 

 

 

 

C.S.T.施術院

住所 〒412-0043 静岡県御殿場市新橋305-9 大宮ハイツ 102B号室
TEL 0550-84-7520
診療時間 11:00~20:00 金曜日のみ15:00から
※開始時間は都合により前後しますので、ご了承下さい。
お休み 月曜日・木曜日

当院facebookページはこちら
http://on.fb.me/1RQUf1T