オステオパシーの矯正法 〜腰痛編〜

ブログのご閲覧有難うございます、
C.S.T.施術院 勝又竜司です。

 

 

 

当院の施術法につきまして、「どういったことをするのか?」と疑問を
お持ちの方が多いかと思いますので、今回は腰痛の症状に対する、オステオパシーの矯正法である
カウンター・ストレイン・テクニック( 以下C.S.T.と表記)の行い方について
簡単に書かせていただきます。

全身を緩めた後、通常は施術の終盤にC.S.T.を行います。
お客さんにうつ伏せになっていただいた状態で、
まずは片側の骨盤を持ち上げて一定時間キープします。

 

その骨盤を下ろした後、今度はもう片側の骨盤を持ち上げて、
また、一定時間キープします。
その骨盤を下ろした後、今度は片側の脚だけを施術ベッドから垂らした姿勢を
(垂らした脚は施術者=僕が保持しています)一定時間キープします。
その脚を元の位置に戻して一旦、うつ伏せになった後、今度は
もう片側の脚を同じ様に施術ベッドから垂らして、一定時間キープします。
そして元の位置に戻して、うつ伏せ状態となります。

腰痛に関わる、主要な腰椎への矯正はこれだけとなりまして、
比較的軽度な腰痛症状であれば、上記の流れを1部省略して短縮させて
行います。

 

一見、簡便に見受けられるかも知れませんが、これにより中枢神経からの
筋紡錘に働きかける指令が出て、筋肉・組織がやわらげられて
骨の歪みが緩和してゆくのです。
受けていただいているお客さんには一切、力んだり、踏ん張ったりして
いただくことはなく、ただただ、ひたすら力を抜いてリラックスして
いただくだけです。

 

リラックスしていただくことで効力を発揮する矯正法なので、
受けていただいている間は、寝てしまっていただく位で丁度良く、
実際、眠気を催して寝てしまわれる方も多いので、
これまでの 僕自身の経験から、身体の治癒・回復を担う、副交換神経を働かせるのにも適した
(副交換神経が優位に働くと眠気を催します)矯正法と言えると思います。

今回、説明は割愛させていただきますが、比較的重度な腰痛には頚椎や骨盤の歪みも関わっており、
その場合は、上記の腰の矯正に加えて頚椎と骨盤の矯正も行います。

 

 

 

 

C.S.T.施術院

住所 〒412-0043 静岡県御殿場市新橋305-9 大宮ハイツ 102B号室
TEL 0550-84-7520
診療時間 11:00~20:00 金曜日のみ15:00から
※開始時間は都合により前後しますので、ご了承下さい。
お休み 月曜日・木曜日

当院facebookページはこちら
http://on.fb.me/1RQUf1T